×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダイバーになるには?

Cカードを取得しよう☆
  ダイバーになりたいと思ったらまずCカード(オープンウォーター)を取得することから始まります。Cカードは国際ライセンスなので、日本の海はもちろん、世界の七つの海をまたにかけ、ダイビングを楽しむことが出来ます。
では、具体的にどうしたらいいの?
まずは、ライセンスを取得できるダイビングショップを探しましょう。といっても、ダイビングショップは知らないようで結構たくさんあるので、どこにすればいいか、迷ってしまうと思います。そこで、妥協してテキトーに選ばずに、いいショップを探すことが、いいダイバーになる近道です☆

ダイビングショップをみつけよう☆
 
ダイビングショップとは、主にダイビング器材の販売、メンテナンス、ライセンス取得スクール、ファンダイブツアーの開催などを行っている“海の専門店”で、スタッフとしてインストラクターさんが働いています。このイントラさんが、私たちがCカードを取得するのにお世話になる人なので、できれば気の合いそうなイントラさんがいるところを選ぶ方がオススメです。
次に、料金ですが、これは各ショップによってまちまちです。だいたい3〜6万ぐらいがベストだと思います。すごーく安く宣伝しているショップもありますが、後から追加料金がいろいろ加算されるという仕組みになってたりするので、よく検討が必要です。
また、スクールの仕組みもたくさんあります。基本的には、海洋実習と学科講習があり、ショップでさまざまな工夫があります。二泊三日の短期プランで全ての過程が終わるショップや、学科講習と海洋実習とを別々の日程で組めるショップなどがあり、自分のペースにあてはまりそうなショップを選べばいいと思います。
まぁ、結局は自分が気に入ったショップにするのがイチバンです☆
たくさんのショップをまわることは勇気がいりますが、きっと自分にピッタリのショップがみつかると思います。頑張りましょう♪

ダイビングに必要な器材って?
  ショップが決まったら次はいるもの・・・となりますが、最初のライセンススクールでは、ほぼショップですべての器材を貸し出してくれるので、あまり心配はいりません。
取得後、ファンダイブを楽しむにも、ショップで頼めばレンタル機材があるので、何も持っていなくても、ダイビングを楽しむことが出来ます。
安全、快適、そして上手にダイビングをおこなうためには、器材のもつ役割が大きく、デザインや種類も豊富ですが、やはり一番のポイントは、いかに自分の体にフィットし、使いやすい物であるかだと思います。とはいえ、最初からすべての器材を揃えるなんて無理だと思うので、少しずつ海にも慣れながら、自分だけの器材を揃えていくといいと思います。(・・・私もまだマスクとシュノーケルしか持っていません。笑)

さぁ、海に出かけよう!!
準備が整ったらさぁ、海へ出かけましょう。何事もやってみなきゃはじまりません。誰だって初めてのチャレンジには不安がつきものです。でも、一度海に潜ればそんなのふっとんでしまいます!!あなたも海のお魚になれますよ☆
興味をもったら、ぜひライセンスを取得して、ファンダイブを楽しみましょう!!

トップへ戻る